年越し前の大雪!?/精神疾患おすすめ本、参考サイトについて

投稿者: miyagi-kyoudaisimainokai 投稿日:

朝、会社に行こうと外に出たら、え?まだ雪!?
起きてから身支度、お弁当作り、後片付けほかバタバタしてて窓の外を見て無かったので、外に出てから(え!?まだ降ってる!しかも凄く積もってる!)と、かなり驚きました。
玄関先で慌てて傘を出し、雪の上に歩を踏み出すと、足の下から雪を踏む時の、ギュ、グキュ、、ギュウ、、という音。
いいものですねぇ、この音、好きです^^

 

雪が積もると、なんとなく気温が暖かい気がしませんか?
この体感は本当なの?気のせいなの?
以前これについて調べたんですが、どうやら本当らしいです。
・雲で覆われるから放射冷却が起こらないから。
・物質が凍る際には逆の温度が発生するから。
・積もりたての雪には保温性がある。
など、色々な説があるようです。

 

この雪で交通もあちこち麻痺してるようですね。
ふと(今週は兄弟姉妹の会のミーティングあるけど、この雪が続くようなら今回も集まる人は少ないかもしれないなぁ)などと思いました。
それでなくともコロナ過で、いま大変な時ですからねぇ。
宮城兄弟姉妹の会のミーティング12/20は開催はしますが、足元悪くて来れなかったり、コロナを警戒して二の足を踏んでる場合は、無理はなさらないで下さいね。
逆に、「いやいや、話したい事があるから来たいです!」という場合は大歓迎ですので、どうぞお気をつけていらして下さい。

 

 

最近ちょこちょこと、このサイト内にある「おすすめ本」を更新しています。
精神疾患について読んだ本は、まだまだ沢山あるんですが、少しずつ更新していければと思います。

ちなみに我が家の精神疾患専用?本棚です(笑)
家族が購入した本もまざってます。
でも、あれー?もっとあったと思ったけど、家族で貸し借りしてるし、部屋の別な場所に置いたりして、写真を撮った時点で本棚に収まっていたのはこれだけだったようです。

あとAmazonの読み放題にも登録しているので、スマホの中にもたくさん購入した本があります。
読み放題に登録されている本しか読めませんが、それでも充分です。
サンプルは全ての本が読めるので、気に入ったら書籍として、またはkindleとして購入してもいいですしね^^

きょうだいが統合失調症になり、再発や入院を繰り返し、自傷他害の恐れまで出てくる酷い急性期症状と対峙せざるを得なくなった私たち家族ですが、いったい何が起こってるのか、一般的な回復への道筋は何か?例外は?最悪の場合どうなるの?生育環境・生育履歴だってきっと影響あると思うけど具体的には?遺伝は?発達障害も関係してるんじゃないかしら?ほかの家族はどうなの?家族に何ができるの?家族の理想的な対応は?

疑問がたくさん。

自分や他への影響も考慮して、早急に知識を増やさねば!
と、躍起になって、本・ネット・関係各所への相談に明け暮れていた怒涛の時期に購入しまくり読みまくった本たちです。

因みに今は、きょうだいも入院し、以前より少しは落ち着いたペースで本を物色したり、購入したり、読んだりできています。

 

あと、サイトに設置した「お役立ちリンク集」についても、上記の怒涛の時期に探して読み込んで、ブックマークしまくったサイト・YouTubeが山ほどあるので、随時更新していきたいと思っています。
しかし、闇雲に載せてもなぁ、、、。
ちゃんとカテゴライズしないと(みなさんにも役立てて欲しい)という気持ちだけ空回りしたら意味ないですからね💦

 

 

ふぅ、、、お昼も過ぎましたが、まだまだ雪は降ってます。
みなさま風邪をひかぬよう、転んでけがをしないよう、ご自愛くださいませ。
私も充分、気を付けたいと思います。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です